GSIの歩みHISTORY

  • 2002年

    • ・日本のスタッフ部門の生産性向上をミッションに掲げ、株式会社ジェネラル・サービシーズ(GSI)設立
    • ・中国、大連市に合弁会社大連東軟信息服務有限公司設立

    まだ誰もオフショア先としての大連を知らなかった頃、後に対日サービスの拠点となるソフトウェアパーク内にサービス拠点を開業。

  • 2003年

    • 中国・大連にて、X-BPO(クロスボーダービジネスプロセスアウトソーシング)サービスを提供開始

    合弁会社大連東軟信息服務有限公司におけるボードミーティングの様子。

  • 2004年

    • ・シェアードサービスセンター(SSC)構築およびスタッフ部門におけるBPR/BPOプロジェクトを多数実施
    • ・日本型のSSC像についての研究を開始、SSCにおける課題・解決方向性について数多くのSSC経営者へ提言
  • 2008年

    • GSI主催による「オペレーションを考える会」発足、SSC経営層(大手企業10社程度)による勉強会を組織化

    BPO/BPRプロジェクトでは、機能ごと業務を海外(中国・大連市)に完全移管。100人規模のサテライトオフィスを実現した

  • 2011年

    • ・事業拡大を目的とし豊田通商株式会社と資本提携
    • ・事業拡大を目的とし三菱商事グループであるビーウィズ株式会社(現パソナグループ)と業務提携
  • 2012年

    • ・事業拡大を目的としイオンディライト株式会社と資本提携
    • ・三菱総研主催による「バックオフィス3.0」運営委員
    • ・次世代のバックオフィスのあり方について継続的な研究活動を実施

    総合FMS企業に対するバックオフィスコンサルティングではSSC設立支援を行い、2013年より大連にて約80名規模で稼働。

  • 2014年

    • ・総合総務ソリューションとして、「総務機能改革」「IFM(Integrated Facility Management )」「戦略的ソーシング・包括管理」を提供開始
    • ・工数管理ソフトウェア「SSMS」ver1.0」リリース
  • 2015年

    • 総務・人事ワールド2015 第2回ワークスタイル変革EXPO出展
  • 2017年

    • ・「一般社団法人日本RPA協会」加入
    • ・ RPA(Robotic Process Automation)、Digital Laborサービス「Digital Labor 実践塾」提供開始
    • ・京都工芸繊維大学との「働き方改革」ソリューション研究開発協業開始