RPA(Digital Labor)とは

RPA(Robotic Process Automation)とは、事務ロボットを活用した、主にスタッフ部門の生産性向上・品質向上の取り組みの総称です。これまで人間のみが対応可能とされていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるようになることから、“仮想知的労働者(Digital Labor)”とも言われています。

例えばこれまで業務改善のツールとしてよく使用されていた、スプレッドシート上でのマクロ等とは異なり、「Webサイトでの検索結果を別のシステムに入力する」「データをシステムにアップロードした上でシステム上で入力する」といった複数のソフトウェアを跨いでの作業も可能です。

  • 企業組織における”Digital Labor部”の必要性

    これまでの情報システム(業務アプリやソフトウエア)がオペレーションを行う作業者をサポートするツールであったのに対して、RPA(Digital Labor)は“作業者そのもの”であり、ヒューマンリソース(人的資源)として捉えられると考えています。そうすると、RPA(Digital Labor)は、ヒトを採用し安定稼働させるまでの流れと同様のステップで検討することができます。GSIでは、ヒトの採用を担当する人事部が存在するように、RPA(Digital Labor)の効果的な活用を推進する 専門組織である「Digital Labor部」を設けて、導入・活用におけるナレッジを蓄積していくことを推奨します。

    「Digital Labor部」の活動は、「要件に合った従業員を採用し、入社・研修の後適切なセクションへ配置する」という人事部のそれになぞらえることができます。要件に合ったロボット活用の企画を立案し、ロボットを構築。ロボットの検証と本格構築の後、本稼働させ、その後は稼働状況をモニタリング、不備等が発生すれば対応をしていきます。(下記図参照) 各組織が個別にRPAを導入していくことも可能ですが、「Digital Labor部」という統合的組織を持つことで、企業の目的に沿った、全体最適の視点からの導入が可能となるのです。

  • RPAサービス / Digital Labor実践塾

    「どの組織に、どうDigital Laborを導入していけば、スタッフ部門の効率化を進められるのか?」 Digital Labor実践塾では、効果的なRPA(Digital Labor)導入のため、対象業務の選定からロボット構築までの流れを“クライアントと共に”実践します。クライアントメンバーも参画頂くことで、RPA(Digital Labor)の特性や導入方法論を理解して頂き、企業が自ら「Digital Labor部」設立を推進していくことを支援します。

  • 「Digital Labor実践塾」主な進め方

    「Digital Labor実践塾」では、複数回のセッションにて対象スコープ確定および動作検証をした後、業務内容調査から本格導入を判断するまでのサポートを約6週間にてサービス提供いたします。弊社のこれまでの業務改革・改善のナレッジをもとに、対象組織で実施している業務の全体像を把握・分析(=業務調査)した上で、業務改善ポイントの抽出ならびにクライアントに適したRPAツールのご提案を致します。